FC2ブログ

プロフィール

骨・関節研究会

Author:骨・関節研究会
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6回公開講座を終えて

寒い中、300人もの方にお出でいただき、ダイナスティホールが満杯状態となり熱気あふれる公開市民講座となりました。車椅子の方も5名程お出でになったり、毎回出席される方の激励を聞きますと、この講座を続けてきた甲斐があったと感激しておりますし、主催スタッフ全員が満足しておりました。横浜市からの後援を得ておりますが、当初、(講座という名称もない頃)資金も無く、病院の講堂を使用して、地道に活動をしながら拡大してきた経緯がありますので、感慨深いものがあります。
今回は、特別に焦点を絞り、“進化する人工関節手術”という主題で講演させていただきました。スライドやムービーだけでなく、人工関節手術のデモンストレーションを交え、手術とはどうゆうものか、何が新しいことなのか、何がよくなり、どんな欠点があるのか、などが話の中心ですが、よりわかりやすく、を合言葉にスタッフと内容を練ってきました。笑いもないと眠くなりますので、少しおどけたメンバーも入れて何度もリハーサルを重ねて出来上がったものなのです。また、元来、学会慣れしている医師が多く、解説は専門用語が多くなりがちですので、必ず医療知識の無い方に、予演会に参加してもらい、批評を聞くことにしています。
 また、今回は医療相談される方が多く、最終的には、全員の相談をお聞きする事は出来ませんでしたが、今後の課題にさせていただきました。尚、質問は非常に具体的で、多くの関節がリウマチのため破壊されて歩けない、再手術予定で不安、金属アレルギーがあるため手術が心配など、皆さんの困られている状況が切々と伝わるものばかりで、もう少し時間がほしいと願うばかりでした。 
 講座のもうひとつの柱である、関節外科治療前後のリハビリテーションは大切な問題であり、今回、和田君の脳リハについては、“驚いた、感心した、考えを変えねば、”などの意見が多く寄せられました。痛みは身体の中で、特に脳で改善されたり、変化したりしますので、長い期間、痛いままにしますと、痛んでいない場所が痛く感じたりする異常が起こります。そして、それは直しにくいものとなります。現在、手術により関節機能がよくなる事は確実ですが、痛みが早く取れるか(各人により改善期間が異なるの意)につきましては、手術前の放置された体の状態や、痛みを感じた脳のダメージにもよるのだということを理解していただきたいのです。
タイトルの“進化する・・”とは少し大げさだったかも知れませんが、要するに、まだ現状に満足していない、だからもっと工夫するつもりだ、という事です。現在進行形であると考えていただきたいのです。26年前よりの関節外科治療におきまして、当初の人工関節手術は機種にもテクニックにも問題があり、それを克服して現在があるのです。 海を越えて来た人工関節に熱い期待を寄せますが、何度となく裏切られたものです。海外で数々の症例数がありながら、短期間に緩んでしまう機種もあり、選択に神経をとがらせてきました。次第に安定してきたとは言え、手術も器械も改良しなければなりません。私自身が手術を改良しながら、世界中の情報を集め、何処へでも出向き確認することが大切であると考えております。また、講座では、人工関節の実物展示がありますので、是非、手にとって確かめていただければ幸いです。

<< スローエクササイズの効用 | ホーム | Lord of THE NEW ZEARAND その1 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。