プロフィール

骨・関節研究会

Author:骨・関節研究会
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1 に運動 2 に食事 3、4がなくて 5 に睡眠

沖縄の島々に百歳以上のいわゆる、超高齢者が多数おられます。ご本人は、周りから、驚異の目で見られることは不思議な様子で、いたって淡々と日々を過ごされています。お酒やタバコを嗜む方もおられますが、ある程度共通している事は、一日に数回、必ず外で歩き、ゴーヤチャンブル、ラフテーなどを規則正しい時間に食され、昼寝など睡眠をとっていらっしゃる事のようです。長い時間をかけて、このようなスタイルになったかもしれません。生活の中で、最も体の調子が良い状態にしたら、今の生活になった、とおっしゃいます。よく考えますと、すべて、あたり前の事のように思えますが、現在の社会の中では困難なことになってしまっているようです。整形外科の外来に、全身が痛い、とか、腰や肩が痛くてだるい、頭痛、めまい、手がしびれる、など多彩な症状を訴える、若い女性の方が来院されることがあります。よく聞くと、大概、仕事がオーバーワークであったり、なかなか眠れないとか、心身のダメージを持っていたりなどで、食事も取る気にならず、ましてや体を動かす事など無縁な方が多いのです。そうゆう方に、私は、基本的に規則的な生活をお勧めします。そして運動で肉体的な回復を図るように促します。本人が変われば周りも変わる事が多いですが、そうでなければ、環境を変えないと健康は遠のいてしまうようです。若く、精神的に強い人ならば可能な事も、そうでない人には厳しい現実があるようです。いずれにせよ、運動、規則正しい食事に睡眠を獲得したなら、痛み、シビレ、肩こり、頭痛など症状は消えます。深みに嵌った感じの厳しい状況にならないためにも、早めの処置が必要だと考えます。薬だけでは解決しない事も多いです。長く生きる難しさを、あるいは単調に過ごす大切さを、南の島に学ぶように思います。 

<< 25年を振り返り思う事 (変形性股関節症との関わり) | ホーム | 美瑛の消えない虹 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。