プロフィール

骨・関節研究会

Author:骨・関節研究会
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スローエクササイズの効用

みんなが羨むキン肉マンは、重いバーベルを軽々と上げ、ダッシュ、走りこみで汗をかいているイメージが付きまといますが、果たして筋力を増す方法はそれしかないのか?という疑問が出てきます。確かに人は、運動により痛んだ筋繊維を再修復するとき、筋肉は増強するのは事実だとしても、次第に老化する筋を痛め続ける訳にもいかない。細胞の再性能もおちてくるし、関節にかかる衝撃が軟骨を痛め、靭帯の破損も考えられるからです。そういう点で近年、スロースクワットで話題になった、ゆっくり動いて筋力アップするエクササイズが注目されています。これは脳の成長ホルモンを引き出し、筋力増強を身体に促すため、効果が高いという理論です。また、病院で私が、患者さんに必ず注意してきた事と重なるものです。膝を伸ばすひとつの動作にも、一定のゆっくりした速度で、しかも伸びる限界点へ十分力を入れ続ける、むしろ最大伸展時に3秒ぐらい留まるようなエクササイズで、何処に力が入っているか、確認しながら行うことを奨励してきました。その方が、術後にいい結果が出たからです。皆さんも一度試してみてください。問題なのは、エクササイズで関節痛を引き起こす患者さんが来院されるということです。様々なエクササイズが海の向こうからもやってきますが、話題がないと注目されないため、俳優を媒体としたり、痩せることを中心とした、無理なエクササイズもある事を認識していただき、地味でも健康を得るべき、自分に合ったものを選んでいただきたいと思う次第です。
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。